満足いくリフォームにするための流れ

>

リフォーム全体の流れを知ろう!

目的を明確にし、時期を検討する

あなたがそろそろリフォームを、と思った理由は何でしょうか?
家の中で、どこか気になる場所があるからでしょうか?
中には、家を建てて数年経過したからとりあえず、という方もいるでしょう。
確かにリフォームすべき年数の目安はあります。
それをふまえて検討することも、もちろん良いと思います。
しかしただそれだけでリフォームを検討するのではなく、家の現状を把握して、どこをどうリフォームしたいのか考えてみましょう。

まずは日常生活を振り返って、どのようなことに不便を感じているか、どの部分をもっときれいにしたいかなど、すべて書き出してみると良いでしょう。
十分な時間を設けて、家族でしっかりと話し合ってみてくださいね。
ひとまず予算などは置いといて、みんなの希望を取り上げてみましょう!

しっかりと計画を立てる

家族の希望や改善したい点のピックアップが完了したら、リフォームの時期や予算などについても考えてみましょう。
詳細については、施行店との相談にはなりますが、ここでもまず自身のプランを立てることをおすすめします。
まずは理想の暮らしに基づいたリフォームの目的、そして予算や時期の希望がはっきりしていると、施行店の担当者との打ち合わせがスムーズになります。

予算をもとに担当者と相談する中で、取捨選択が必要となってくる場合もあるでしょう。
そんな時に悩まないためにも、リフォーム箇所の優先順位を決めておく良いでしょう。
修理が必要な場合にはまずそれを優先すべきでしょうし、逆に家族の将来設計に合わせて、もう少し先にリフォームを考えたほうが良い場所もあることでしょう。
「家族のこれからの人生」を視野に入れながら、予算や時期について考えてましょう。


TOPへ戻る